スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 犬ブログ ジャックラッセルテリアへ
にほんブログ村

どう思う? 渋・辰野館

午後4時過ぎ、渋・辰野館に到着。

宿泊していたどこかのおばさま曰く
「ここは何もしてくれないのがいいのよ」

でも、それは、最低限のサービスや気遣いの上に成り立つものであって、
この旅館は、ただのほったらかし、やる気がないっていうんじゃないでしょうか。
というか、従業員がいない…

ネットで検索すると口コミやレビューにはいいことばかり書いてあります。
悪いこともいい風に考えるとこうなるって感じのもあります。
たとえば、「サービスがない」→「無駄をはぶいて超シンプル」
私は二度と行きたくありませんが、
気付いたことを列挙してみますので、読んだ方が判断してください。

ちなみに1泊2食付き(平日)で1人17,450円

まず、駐車場。
錆びたラッセル車(?)がおきっぱなしになってるのはしかたないとして
(もしかしたら現役かもしれないから)
ナンバープレートが取れた廃車が2台も置きっぱなし。

tyuusyajou.jpg

玄関周りもかたづけてなくて、みっともない。

玄関の重い引き戸を開けると、広いロビーにだれもいない。

隅っこの受付に座ったおっさんが「いらっしゃいませ」
出てきてあいさつしないの?
笑顔で「いらっしゃいませ」って言わないの?

まあ、しょうがないから、受付で「予約してます」
「じゃあ、こちらの宿泊者カードに記入をお願いします」

えっ、宿泊者カードって、部屋で書くんじゃないの?

続いて、部屋の案内と、食事の説明とカギを渡される。

案内してくれないの?荷物持ってくれないの?旅館でしょ?
古いだけで趣のない館内を3階まで上り、一番端の部屋へ。

えっ、もうふとんが敷いてある
せまい部屋は民宿レベルだなあ。

洗面台になぜか予備のトイレットペーパーが。
石鹸置き場に、小さな旅行用の四角い石鹸がおいてあるけど、明らかに誰かの使い残し。
ジャケットを掛けておく場所もなければハンガーすらない。もちろん冷蔵庫もない。
あるのは写りの悪いテレビだけ。

しかなたく、お風呂に行くことに。

お風呂は3つあって、展望風呂(ここだけ石鹸シャンプーが使える)、露天風呂と信玄の湯。
汗を流そうと展望風呂へ入ってべっくり。

2つある浴槽のうち、1つはからっぽ。
いくら客が少ないからって、からっぽかい。

それから間もなく夕飯の時間。
確かに野菜メインのメニューだけど、特別に変わった野菜は見当たらない。
あったとしても、説明はしてくれなし、お品書きもないのでわからない。
(写真に写っているのはお酒のメニューです)
それにホームページに載っていたお品書きにあったスープはとうとうこなかった。

ryokan_syokuji1.jpg
ryokan_syokuji2.jpg

大きめの醤油瓶が1本おいてあって、「お使いください」
醤油さしじゃないの?つまようじはないの?なんにもないのね。

しかも、お茶、お水だけでなく、ご飯もセルフサービス。

料理は、一見豪華だけど、基本的に野菜のお浸し系。途中で飽きてしまった。
焼き魚は冷めて固くなっていて、割り箸ではたべづらい。
鍋は豚肉がべろんと入っていて葉っぱものがわりとたくさん。
でも、固い肉で食べにくい。
野菜のてんぷらはわりとおいしかったけど、やっぱり量が多すぎて途中でギブアップ。
それにしても、原価安そう。

食事の終わりころ、宿の主人と思われるおっさん(受付のおっさん)がでてきて、
申し訳ないが、山の宿なのでなんたらかんたら、
10時半就寝、お風呂も10時半まで。
申し訳ないが、温泉の濃度が高く硫化水素(だっけ?)のせいで、
自動販売機が故障してます、テレビの写りが悪いです。
申し訳ないが、蒲団がすでに敷いてあるので、スタッフは部屋にはもう行きません。

いちいち謝るな!
故障してたら修理しなさいよ。
だいたい、もっと言い方があるでしょう。客を楽しませるお話はできんのかい。
たとえば、蒲団はもう敷いてあるので、あとはご自由にお過ごしください。
山の中なので、どんちゃん騒ぎをしてもだいじょうぶですよ、とかさ。

なんか、テンション下がりっぱなしで食事を終え、お風呂に。

あ、その前にトイレ。
お風呂の近くにあるトイレ、ひとつは使えない。
もうひとつは、男女マークの上にガムテープがべたっと貼ってある。
男女兼用ってことらしい。
たったひとつしかないトイレ、トイレットペーパーがないじゃん。
予備のロールもないじゃん。
途中まで戻って仕切り直し(部屋とお風呂は無駄に遠い)

「お風呂は20℃と40℃の二つがあるので、交互にお入りください。」

って、20℃もないだろ。冷た過ぎて入れんわい。
いっしょにお風呂にはいっていたおばさんも「ちょっとねぇ」

露天風呂の熱い方もかなりぬるくて、結局まともに入れたのは信玄の湯の熱い方だけ。
それに、熱い温泉に入ったら冷たい水を飲めるように冷水器が用意してあるものけど、
ここには何もない。

ぶうたれて部屋に戻り、さっさと就寝。

朝は和食バイキング。
「野菜が多くてとっても好き」って冒頭のおばさんがいってましたが、
この程度なら、その辺の旅館やホテルでいくらでもやってまっせ。品数も多くないし。

びっくりしたのは、朝は、ご飯とお味噌汁を係員がよそってくれたこと。
でも、客の希望を聞かない。私はご飯はいらなかったのに。
でもでも、おかわりはセルフサービス。ようわからん。

それはともかく、前夜、手作り味噌の味噌汁を飲んだだけに、とても飲む気がしなかった。

そんでもって、おかずは、木製の大皿1枚に各自で載せるわけだけど、
当然、醤油やらマヨネーズやらがべたべたくっつく。
でも、同じ皿でデザートも食べなければならない。

すごい小さなフルーツケーキとすごく小さなゼリーとくだもの。
とっても少ないヨーグルト。
どっかのおじさんが、デザート用の取り皿はないかとうろうろしてました。
ないです。
ついでにフォークもないです。

食事を終えて、チェックアウトする前に、ひとっ風呂と信玄の湯へ。

「薬湯の入れ替え中ですので、入れません」

えっ、この時間にやる?
ふつーは客がいなくなってからだろ。
ぬるい露天風呂で我慢しろってか!

早々のチェックアウト。
お金を渡した時のおっさんのうれしそうな顔。
その顔は「いらっしゃいませ」のときにするんじゃないのかい。

お風呂だけなら、もっと上にある「渋の湯」や「渋御殿湯」のほうがいいです。
料理は山小屋並みだけど、値段も山小屋並みだから納得できます。

ここまでくると、あとはブログのネタにするしかありません。

気分を切り替えて帰途に。
途中、「たてしな自由農園」に寄ってみました。
ここは相棒が大好きな生産者直売店です、はい。

ブルーベリーとラズベリーと黒トマトを買い、
隣のジェラートのお店でソフトクリームを食べて(1個280円でおいしかった)、
諏訪湖を見て、中央高速に乗りました。

なんだかんだといろんなことがあったけど、おもしろかった3日間でした。

おまけはブルベリーとラズベリーのヨーグルトあえ。
buleberry.jpg
にほんブログ村 犬ブログ ジャックラッセルテリアへ
にほんブログ村

テーマ : 温泉旅行・温泉宿
ジャンル : 旅行

■ Comment

非公開コメント

好評発売中

楽天レシピ
【犬用】わんこの顔のベジタブルケーキ
【犬用】わんこの顔のベジタブルケーキ

料理名:わんこの顔のベジタブルケーキ
作者:pochi_33

■材料(1人分)
ジャガイモ / 小1個
かぼちゃ / 小1/4個
サツマイモ / 小1/4個
鶏ひき肉(腿またはササミ) / 100g
ドッグフード(目と鼻用) / 3粒
ヤギミルク / 少量

■レシピを考えた人のコメント
かわいい愛犬の顔をケーキにしました。調味料を使っていないので、安心して与えてください。

詳細を楽天レシピで見る
━━━━━━━━━━━━━━━━━━…
↓↓ ポイントが貯まるレシピ サイト ↓↓
>>最短約 30 秒!▼無料▼会員登録<<
━━━━━━━━━━━━━━━━━━…
RSSリンクの表示
QRコード
QR
カテゴリ
リンク
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。