スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 犬ブログ ジャックラッセルテリアへ
にほんブログ村

LEKI vs Lightrek4(トレッキングポール比較)

高尾山山頂から

20110417a.jpg

20110417b.jpg

膝と腰の故障で、鍼灸院に通い始めて1年。
やっと、山登りの許可が出ました。
時間もかかったけど、お金もかかった(涙)。

足慣らしからということで、今日は高尾山にいってきました。
午前8時に歩き始めたけど、遅すぎる出発だった。

すでにハイカーでいっぱい。
山スカガールもいっぱい。

関係ないけど、山スカートの下にジャージはやめてよ。
タイツにしろって。

次は午前7時に歩き始めるように家をでよう。

で、大事なトレッキングポール。

今まではLEKIのスーパーマカルーを使っていましたが、結構重たい。

いろいろ調べて、アメリカのgossamergearという会社の
トレッキングポールがめちゃ軽いということを知り、
早速、個人輸入しました。

ちょっと、LEKIとgossamergearの比較をしてみますと、

20110417c.jpg

ゴッサマーギア(gossamergear) Lightrek4(2010年購入)

【チップ素材】Carbide
【サイズ】76~125cm
【重 量】99g(1本)

レキ(LEKI)スーパーマカルー(2006年購入)

【チップ素材】Carbide
【サイズ】67~145cm
【重 量】234g(1本)

Lightrek4は、軽量化のためにストラップがついていません。
それを考慮しても、やっぱり

軽い!

で、使い心地はどうかというと、



持って行くの忘れた

次回に期待…
スポンサーサイト
にほんブログ村 犬ブログ ジャックラッセルテリアへ
にほんブログ村

テーマ : ハイキング&トレッキング
ジャンル : 趣味・実用

トレッキングポールの個人輸入

そろそろ山登りをちゃんと再開したい。
この間の八ヶ岳みたいにソロリソロリと歩くんじゃなくて、
ふつーのスピードで歩くハイキング。

前回は、相棒のステッキ(LEKI)を1本借りたけど、結構重い。
「丈夫で長持ち」を基準にして選んだからなあ

で、自分用の軽いやつがほしい。
いろいろ調べました。

やっぱり、品質に定評があるのはLEKIとBlackdiamond。
日本製ならSHINANOかな。

LEKIはいいけど値段が高い。安くても2万円。
Blackdiamondは少し安いけど、あのロック機構があんまり好きじゃない。

軽くていいやつはないかな~と調べたら、ありました。

Gossamer GearのLightrek 4

20101011.jpg

重さたったの100グラム。

問題は、日本国内で売ってないこと。
ロックシステムが少しややこしい(らしい)こと。
マスプロモデルと比べて薄いため強度面でやや劣る(らしい)こと。
2段なので、携帯時のサイズが76センチと長いこと(Shortの場合)。
1組160ドル+送料42ドルで、結構高いこと。

問題山積じゃん

でも、これを使った人のブログでは、強度面で問題はなかったって書いてあるし、
やたらオススメしてるので、思い切って買うことにしました。
円高だし。。。

さっそく注文した!

注文の確認メールを確認

あ”~、サイズがRegularになってる~

あわててメールでShortに変更してくれって送ったけど、
返事をもらって気がついた。

オーダーする時、"Regular"しか選択肢がなかったってことは、
"Short"が品切れってことじゃん。

すんませんね、お手数をおかけして。
はい、今回はキャンセルして、入荷してから再オーダーしますです。

(-_-;)

追記:

キャンセルするまでに何回かのメールのやりとりがありました。

あちらはレギュラーサイズをすすめてきました。
ショートサイズは背の低い人のために作られたのではなく、
飛行機などで移動する人のためのものだから、
レギュラーのほうがいいということです。
アメリカでは車で移動するのが普通だし、車もでっかいので、
どうして短い方をほしがるのか理解できなかったようです。

日本では電車やバスで移動することが多いから、レギュラーでは長すぎると答えたら、
納得してくれたようです。
(ちなみにレギュラーサイズの携帯時は81センチ)

おかげで英語の復讐、じゃなかった復習ができましたわ。 にほんブログ村 犬ブログ ジャックラッセルテリアへ
にほんブログ村

テーマ : 登山
ジャンル : スポーツ

八ヶ岳天狗岳

20日の朝5時前、隣のおじさんが、トイレに立った相棒に言った。
「晴れてますよ、ちょっと天狗までいきませんか」
でも、話している間に霧で真っ白になって、あえなく中止。

5時半、朝食。
質素だけどおいしい食事です。山の上でグレープフルーツも。ちっこいけど。

しばらくテレビの天気予報を見て、どうしようか思案していると、
隣のおじさん(隣の個室に寝た単独行の、姫路からいらした年配の方)は
さっさと支度をして、出発してしまった。

30分くらいすると、霧が晴れて青空が見えてきたので、私たちもようやく出発。

neishi_syuppatu.jpg

う、美しい…

これだから、山はやめられないのよ。
周りの景色を楽しみながら、まずは根石岳へ。

途中、コマクサがまだ咲いていた。

komakusa.jpg

見ると、天狗岳に数人の影が。
「早いねえ。さっきのおじさんも、もう着いてるね」

tengu.jpg

反対側を見ると、遠くにアルプスも。

neishikaraenkei.jpg

でも、山の天気は変わりやすい。太陽が高くなるにつれ、霧があがってくる。
山荘の人の話では、天気が安定していたのは梅雨明け後の10日間だけだったそうです。

それでものんびり歩きながら天狗岳に着くころには、あれあれあたりはまっしろけ。
しかたない、コーヒーでも入れてのんびり待とう。インスタントだけど。

重い荷物を持って縦走したり岩を登ったりするのもおもしろいけど、
こういう時間に追われないスローな山歩きもなかなかいいものです。

まったりとコーヒーを飲んでいると、高校生が9人登ってきた。
引率の先生が一番疲れている感じ。
みんなが元気にあいさつしてくれて、なんだかうれしい。

それから、さっき天狗岳にいた人影が、西天狗岳にいって戻ってきた。
こちらも学生だけど、あいさつなし。引率もいないし、めちゃくちゃ荷物が大きい。
大学の山岳部とかワンダーフォーゲル部でしょう。

でっかいタッパに半分残っているのはカロリーメイト?
そんな無駄なスペースを作らないで、少々割れても汎用性の高い袋に入れた方がいいよ。
もっとコンパクトにしないと樹林帯で歩きにくいでしょーが。バランス悪いし。
と、元山女は心の中でぶつぶつ言っていました。

「お、霧が晴れてきたぞ」

今がチャンス!西天狗にいこう!
天狗岳から西天狗岳までは、ほんの20分。

青空がのぞき、根石山荘が良く見える。
もう、赤とんぼがいっぱい舞っていて、山は秋の気配。

nishitengukara.jpg

写真を撮って天狗岳に戻ると、おじさんやおばさんがいっぱいすわってる。
「残念でしたね、あと30分早ければきれいに見えたのに」

ふひふひふひ←ちょっと優越感の笑い

根石山荘に戻って、今度はドリップコーヒーをいただく。1杯400円。
注文してから、珈琲豆を挽く音が聞こえてきたよ。う~んしあわせ。

根石山荘のイケメンのお兄さん(昨日のお兄さんとは交代して、別の人)にお別れをして、
今度は夏沢峠経由で下山することに。

峠までは樹林帯を歩く。
途中で硫黄岳が見えてきた。登りたいなあ。登りたいなあ。登りたいなあ。

「そんな無理しないで、腰が直ってから、またくればいいじゃん」
うん

そうだよね、腰がこわれたら困るし、来年来よう。と、夏沢峠に到着。

ここには、ヒュッテ夏沢と山びこ荘が向かい合わせで立っている。
ヒュッテのご主人とちょっとお話をして、

「今晩はどちらへ?」
「渋・辰野館に泊まる予定です」
「あ、ああ、あそこなら行ったことがありますよ」

なんか、精進料理を食べたんだけど、でっかいお皿にちょこっとのってただけだそうで、

「温泉はよかったですよ」

私はこのとき、すごく悪い予感を抱いたのでした。

が、嫌な思いは振り払ってオーレン小屋でカップラーメンを食べ、夏沢鉱泉に着くと、

「あ、どうもぉ」

昨日、根石山荘でお茶を入れてくださった若いおじさん(びみょーな年齢)だ。
どうやら、山荘の仕事をお手伝いされているそうで、畑の話もこの時うかがいました。
お茶とキュウリと大葉の浅漬けをごちそうしていただきました。おいしかったっす。~
(根石山荘、夏沢鉱泉、硫黄岳山荘は同じオーナーです)

それからトロトロと下山し、桜平駐車場に着いたのは午後2時40分。
お昼をしっかり食べなかったので、途中でお蕎麦を食べて、宿に向かう。

宿。これが思い切り期待外れだったのですわ。。。 にほんブログ村 犬ブログ ジャックラッセルテリアへ
にほんブログ村

テーマ : 登山
ジャンル : スポーツ

八ヶ岳根石山荘

八ヶ岳にいってきました。
なかなか変化に富んだ楽しい旅になりました。


19日の朝、どんよりとした曇り空の下、しぶしぶ出発。
中央高速に入ってしばらくすると雨が落ちてきた。どんどんテンション下がる。

談合坂SAで最初の休憩。
雨が降り続ける中、屋根のあるベンチでたくさんの家族がお弁当を広げている。
夏休みだもんね~

雨はますます強くなり、山は中止にしてどっか行こうかとうだうだと話しながら、
いくつかのトンネルを抜けて甲府市に入った。

「晴れてるじゃん」

トンネルの向こうは晴れだった。
こ、これは期待できるかもっ。テンションあがる。

次の休憩地、八ヶ岳SAでは暑い夏が戻っていた。
さあ高速降りたら、また天気がくずれないうちに早く登山口に行こうよ。

「あ、JA(JA信州諏訪北部)がある。パン買っていこ」
「えっ、寄るの?」

ほんとはパンじゃなくて、産直野菜がお目当て。
私じゃなくて相棒がね。「産直」には目がない。
トマト、キュウリ、わせのリンゴ、セロリ、みんな安いねえと見学して
一応、パンも購入し、車を出そうとしたところ、

「なんか、ひきずってるよ」
「なんじゃこれ~」

よく見たら、車止めのコンクリブロックが車の下に引っかかっている。
ブロックを止めていたスクリューみたいなのがでっぱってて、
それが引っかかったみたい。どう見ても駐車場の整備不良。
簡単には取れそうもないので、JAの野菜売り場で数少ない男性を探して助けを求める。

「申し訳ありません」といいながら、もうひとり応援を呼んできて、
ふたりがかりでなんとか取り除いてくれた。

ja.jpg

店長も呼ばれて、向かいのガソリンスタンドで車に異常がないことを確認してもらい一件落着。
みんないい人たちでした。駐車場の整備もしっかりね。

しかし、30分もロスしてしまった。
相棒はトラブルをちょっと楽しんでいたと思う。間違いない。

それから三井の別荘地を抜け、でこぼこ砂利道を30分走り、ようやく桜平駐車場に到着。
広い駐車場があるのかと思ったら、そうではなくて、
道沿いに2,3台ずつ止めるスペースがあるだけ。
すでに10台以上止まっていた。

山の準備をして歩き始めるが、だんだんあやしい空模様になっていく。
ちょっと急いだほうがいいかも。

11時半、夏沢鉱泉着。かつてないほど遅いペース。
トマトとキュウリが冷やしてあって、食べたかったけど、雨がぽつん。

いかん、降ってくるかも。念のためカッパの上着だけ出して、はおって歩きだす。
樹林帯を歩く間はほとんど雨が落ちてこなかったのが、木がとぎれると結構な雨足。
またまたテンション下がる。

「とりあえず根石山荘までいこうかぁ」

とぼとぼ歩いてオーレン小屋到着。

「な、なんだなんだ、あれは」

カッパの軍団が道をふさいでいる。聞くと、中学生150人+引率の先生たち。
地元の中学で、今日はオーレン小屋に泊まり、明朝、硫黄岳から初日の出を拝むとか。
ごくろーさん。
最初はオーレン小屋に泊まろうと思ってたんだけど、やめてよかった…

あとで知ったんだけど、長野県の学校は昨日が始業式だったらしい。
ということは、始業式の次の日が遠足?ふうん。

オーレン小屋で中学の先生と話をしているうちに雨が止んだ。
よかったよかった。中学生がカッパを脱ごうかどうか大モメにモメていた。

少しテンションがあがって、きれいな苔の樹林帯を歩き始める。

jurintai.jpg

40分ほど歩いて樹林帯を抜ける頃には空がだいぶ明るくなり、眼下に根石山荘が見える。

neisikaraakadake.jpg

そして、青空を背景に根石岳が!

neishidake.jpg

根石山荘に到着。
「おじゃまします」
「あ、おつかれさまでした~」
「雨が降ったりやんだり大変でしたね。お茶でもいかがですか?」

なんてアットホームな!
しかもイケメンの若いおにーさんがエプロン付けておすわりしてる。
もうひとりの若いおじさんがお茶を入れてくれる。

天気がよくなったから根石岳まで行ってくれば?と勧めてくれたので、
外に出たら、中学生150人の列がえんえんと続く。
天狗岳まで行くかと思ったら、根石岳の頂上でがやがや休憩して下りてきました。
彼らがいなくなってから、静かな根石岳まで散策。

根石山荘は、どこからみてもボロっとしていて、屋根の上には大きな石がごろごろ。
トイレと避難小屋を工事中とかで、トイレは仮設、洗面は使えない。
そのかわり、工事の人たちが泊まり込みでいるので、個室を使わせてもらい、
かえってよかったかな。

驚いたことに、小屋はあんなに標高が高いコルにあるのに、小屋の下に湧水があって、
そのおかげでお風呂に入ることができます。
それに、オーナーの畑(標高1500mくらいのところにあるそうです)で
野菜を作っていて、食事に出る野菜とお米はすべて自家製。
一番びっくりして、おいしかったのは、手作り味噌で作ったお味噌汁。

neisi_syokuji.jpg

山小屋は値段や姿形で判断してはいけません。
根石山荘は、絶対おすすめの山小屋です。とても居心地がよいです。

おいしい夕食を食べて、ちょっとワインを飲んで就寝。
明日の朝は晴れていますように。




にほんブログ村 犬ブログ ジャックラッセルテリアへ
にほんブログ村

テーマ : 登山
ジャンル : スポーツ

好評発売中

楽天レシピ
【犬用】わんこの顔のベジタブルケーキ
【犬用】わんこの顔のベジタブルケーキ

料理名:わんこの顔のベジタブルケーキ
作者:pochi_33

■材料(1人分)
ジャガイモ / 小1個
かぼちゃ / 小1/4個
サツマイモ / 小1/4個
鶏ひき肉(腿またはササミ) / 100g
ドッグフード(目と鼻用) / 3粒
ヤギミルク / 少量

■レシピを考えた人のコメント
かわいい愛犬の顔をケーキにしました。調味料を使っていないので、安心して与えてください。

詳細を楽天レシピで見る
━━━━━━━━━━━━━━━━━━…
↓↓ ポイントが貯まるレシピ サイト ↓↓
>>最短約 30 秒!▼無料▼会員登録<<
━━━━━━━━━━━━━━━━━━…
RSSリンクの表示
QRコード
QR
カテゴリ
リンク
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。